楽しいゲーム・人生のススメ!~面白い充実した人生に~

ゲーム紹介、映画紹介などの娯楽面とビジネス面、メンタル面、エンジニア面での情報を出していけれたらいいです。

【おすすめアニメ】ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

今回、紹介したい映像作品は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

 

 

気になるあらすじ

14年前、碇シンジ綾波レイを救うためにエヴァ初号機を覚醒させ、ニアサードインパクトを引き起こしてしまいました。

その後、初号機は衛星軌道上に封印されました。


特務機関NERVと対立する反NERV組織ヴィレは、アスカとマリが搭乗するエヴァ改2号機と8号機で初号機を奪還する作戦を実行します。初号機からサルベージされたシンジは、ヴィレのメンバーから冷たく扱われます。


シンジはNERV本部に連れ戻そうとするレイの声に従って、ヴィレの旗艦AAAヴンダーから脱出します。NERV本部では、父ゲンドウから渚カヲルと共にエヴァ第13号機に乗るよう命じられます。

 

知りたい映像作品ジャンル

ジャンル   : ロボット

原作     : オリジナル

放送開始   : 2012年~

 

3つの楽しみポイント

 ①シンジとカヲルの関係

この作品では、シンジとカヲルの関係が深く描かれています。

シンジは、14年間の記憶喪失や周囲の人々からの拒絶に苦しみますが、カヲルは彼に優しく接します。

カヲルは、シンジにピアノの連弾を教えたり、彼の心を癒したりします。シンジは、カヲルに惹かれていきますが、彼が第1の使徒であることや、彼が自分を裏切ることを知ります。

最後には、カヲルが死んでしまい、シンジは悲しみに暮れます。シンジとカヲルの関係は、この作品の見どころの一つです。

②新たな設定や展開

この作品では、前作までとは大きく異なる設定や展開があります。

例えば、14年後の世界では、NERVと反NERV組織ヴィレが対立しており、アスカやミサトなどの旧知の人々もシンジに敵対的です。

また、レイは初号機の中にいることや、レイ(仮称)という別人格の存在が明らかになります。

さらに、第13号機でフォースインパクトが始まり、カヲルが第13の使徒に堕ちてしまいます。

これらの新たな設定や展開は、ファンの間で賛否両論が巻き起こりましたが、物語に深みや謎を与えています。

 

③映像と音楽の美しさ

この作品では、映像や音楽が美しく表現されています。

画面は高画質で鮮やかな色彩が使われており、エヴァンゲリオンや死霊などのデザインも新しくなっています。音楽は、鷺巣詩郎が担当しており、オーケストラや合唱を用いた壮大な曲や、感動的な曲が印象的です。

映像と音楽が見事に調和して、感情を揺さぶる作品になっています。

 

関連動画


www.youtube.com

視聴方法